じょんの美ライフ

じょんのび~新潟の方言で「のんびり、ゆったり」~

iPadがパソコンにならない理由【最強のタブレットだがパソコンではない】

f:id:RakuRakuOwl:20210422224328j:plain

いつも購読いただき、ありがとうございます。

新型iPad Proが発表され盛り上がりを見せている。

www.apple.com

筆者もブログ執筆やプログラミング学習をiPad Air4で行なっている。iPadは間違いなく最強のタブレット

rakurakuowl.com

rakurakuowl.com

が、ときどき以下のような言葉を目にする。

iPadはもはやパソコンだ!」
「パソコンなんてもう要らない!」

そんな主張に「iPadはパソコンにはならない」と真っ向から立ち向かいたいと思う。

Twitterでも呟いてる。

ということで、iPadをメインマシンに使っているからこそ実感する「iPadがパソコンにならない理由」を新モデル発表の熱が冷めないうちに記事に残しておく。

結論からまとめると、


といった内容。

 

 

iPadがパソコンにならない理由

理由を結論から書くと、

「アプリと周辺機器の拡張性がパソコンに劣るから」

最近、ハイエンドモデルのAndroidスマホiPad Proがパソコンの代わりになるという意見が多くなった。

これはおそらくだが、スマホタブレットに搭載されるCPUの急速な高性能化が原因。


要は「パソコンと同じような高負荷な処理をスマホタブレットにさせることができる」という理由からスマホタブレットもパソコンと同等なデバイスであるという主張。

しかも、Bluetooth接続により無線キーボードやマウスをスマホタブレットにも接続できるようになってきた。

パソコンと同じ周辺機器と操作が行えるようになり、一層パソコンとの境界線が曖昧になってきているのだろう。

f:id:RakuRakuOwl:20210422230403j:plain


が、筆者の考えは

「高性能スマホ or タブレット」+「マウス・キーボード」≠「パソコン」

今使ってるパソコンを捨てて、新型iPad Proをパソコンの代わりに買おうと思っている人はちょっと待ってほしい。

たしかに新型iPad ProはMacbookにも採用されているCPU「M1」を搭載している。デバイスの性能で比較すれば、新型iPad ProはMacbookと同等と言える。マウスやキーボードも接続できる。

でもそれは「iPad Proをパソコンみたいに使っている」だけでiPad Proがパソコンになっているわけではない。

総合的に評価すると、まだまだiPadはパソコンと同等とは言えないのだ。具体的な理由は以下の2つ。

  • パソコンよりアプリの機能が省略されている
  • 周辺機器の拡張性が低い


以下、1つずつ解説していく。


アプリの機能が不足気味

f:id:RakuRakuOwl:20210422231613j:plain

最大の理由がアプリの機能不足。

どんなにiPadの性能が上がってもインストールするアプリの機能が不足していては絶対にパソコンには追いつけない。

「アプリの機能なんてパソコンと大差ないでしょ?」

という意見もあると思うが、思っているよりスマホタブレットのアプリはパソコンに比べて機能が削られている。

例えば、筆者がブログ執筆に使っている「はてなブログ」のアプリにはweb版には搭載されているHTMLモードでの編集機能がない。

ので、筆者はアプリで文章の素案を書き上げてから、web版のHTMLモードの編集で細かい装飾などを後から行なっている。

f:id:RakuRakuOwl:20210422235950j:plain

はてなブログ」アプリの編集画面

f:id:RakuRakuOwl:20210423000056j:plain

ウェブ版はてなブログの編集画面

ほかにも例を挙げるとキリがなくて、

  • Twitter→予約投稿の機能がアプリでは使えない
  • Google Chrome→ブックマークバーが使えない
  • Photoshop→RAWインポートなど使えない機能多数


といった具合にAndroidiOSのアプリはパソコンで使うweb版と比べて機能が不足しがち。

これは不足した機能を使わないといけなくなった時点でiPadでは作業がそれ以上進まなくなることを意味している。

iPadがパソコンと同じかそれ以上の高性能なCPUを搭載していてもこれでは意味がない。全てのアプリではないにしろ、パソコンの方が効率良く作業できるのは間違いない。

「アプリ」というソフトウェア側の開発が進まなければiPadはいつまでもパソコンの後ろを追いかけることになるだろう。

ちなみにパソコンでは使えていたキーボードのショートカットがアプリ版では使えないなんてことはZARA


周辺機器の拡張性が低い

f:id:RakuRakuOwl:20210325001500j:plain

2つ目の理由が拡張性の低さ。

iPadにはUSBのType-C端子が1つしかない(iPad Proは Thunderbolt端子)。

つまり、基本的に1つの周辺機器しか有線接続できない。

充電のためにUSB-Cに充電ケーブルをつないだら他の有線機器は何も接続できない。


以前の記事で紹介したようなドックステーションでUSB-Cを複数のコネクタに拡張することもできるが、パソコンと比較するとまだまだ発展途上。

 

rakurakuowl.com

f:id:RakuRakuOwl:20210327000524j:plain

出典:PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C PD Media Hub - Anker

例えば、パソコンなら外部ディスプレイを接続して画面を拡張したり、多機能マウスに専用のソフトでお好みのキー割当を設定することができる。

が、iPadは画面拡張に未対応。

画面複製ならできるみたいだけど、正直、使い道が少ない。作業効率を上げたいなら画面拡張の機能は必須。

f:id:RakuRakuOwl:20210327003544j:plain

マウスの専用ソフトも対応していないものがほとんど。

作業効率的な使い心地でもiPadにはパソコンほどの自由度がない。

こちらもiPadiPhoneのOSである「iOS」のソフトウェアの開発がパソコンのOSであるWindowsMacに機能面で追いついていないことに起因する不便。

繰り返しになるがハードウェアとソフトウェアの両方が発展してこそデバイスの進化は加速していく。


iPadがパソコンになる必要はない

ここまでの内容だけ見ると、iPadがパソコンより劣っていると主張しているように見えるかもしれないが決してそんなことはない。じゃなきゃiPadでブログなんか書いてないし、プログラミンの勉強もしてない。

iPadにはパソコンやスマホにはない以下のメリットがある。

  • 軽いから持ち運びやすい
  • 電源ONからアプリまでのアクセス時間が短い
  • 軽くて起動が早いからすぐに作業を始められる手軽さ
  • 作業とコンテンツ消費を一瞬で切替可能


これらは全て「タブレット」としてのメリットだ。

f:id:RakuRakuOwl:20210422231038j:plain

スマホより大きなディスプレイとバッテリー持ち、パソコンより持ち運びやすく手軽に作業できるというタブレットならではの利点にほかならない。

iPadはもはやパソコンだ!」という主張の裏には「パソコンがiPadより優れている」という前提がある。が、決してそうではない。

iPadは機能が多少制限されるが、いつどこでも使える「手軽さ」というパソコンにはない利点をもっている。どちらが優れているとかそういう話ではない。

タブレットとしての利点を最大限活用していくことでiPadをフルに使いこなすことができるようになる。

iPadがもつ軽さをなくさずにブログを書くためにおすすめの周辺機器は以下の記事で紹介している。

 

rakurakuowl.com


まとめ

今回の記事をまとめると、


といった感じ。

たしかにiPadに搭載されているハードウェアの技術「だけ」にスポットを当てれば、

iPadはもはやパソコンだ!」と言いたくなる気持ちはわかる。

が、アプリの機能面やユーザビリティ(使い心地)といったソフトウェア面に注目すればパソコンとは異なる機器であることに気づくはず。

iPadは現状どこまでいってもタブレットなんだ。ゆえにパソコンにはないメリットがたくさんある。

f:id:RakuRakuOwl:20210422230336j:plainそもそもパソコンやスマホタブレットといったデバイスの評価は性能やスペックだけで決めれない。

それぞれのメリットを正しく理解して自分にあった機器を選択することを意識した方が良い。

ちなみに時間がたってiPadのアプリがパソコンと同等の機能・使い心地を提供できる日がきたら、その時はあらためて「iPadはもはやパソコンになった」という内容で記事を書こうと思う。

ということで、これからも「じょんのび」とブログ更新していくので、次の記事でまたお会いしましょう。最後まで購読いただき、ありがとうございました。